スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

信用情報 4

こんにちは、レイシーでございます。


本日、管理会社から入電。

この支店で管理をお願いしている1号物件は満室のため、設備の故障か退去予告等の悪い連絡の可能性が濃厚です。


ええ、12月末の退去予告でした(ひぇーー


いつかくるものとわかってはいますが、それでも悲しいものでございます。

まぁこんなことで一喜一憂していられません。
統計的に考えてもある程度の退去があるのはむしろ当然です。ここは感情を捨てて、機械的に募集活動に専念しましょう!



とは言っても、やはり感情に嘘はつけない。悲しい。(切り替えてー!





別の支店からも入電。(ひぇーー

この支店で管理をお願いしている2号物件は10世帯中空室が1室ございます。
この空室、以前も書いた通り20年近く住まわれていた方が先月末に退去したため、大規模なリフォームが必要となっております。
しかし戸建優先でリフォームしているため、この部屋は来年から案内できるように年内には修繕する旨伝えてありました。

業者を使って1日でも早く募集かけた方が良いかなーとも考えましたが、費用的には20万くらい浮くのと、スキル向上のためセリフォでいこうと決めていたんですね。

もし自分が40代、50代だったらセリフォスキル習得なんてしないかもしれません。
それでもセリフォに拘るのは、今身につけたスキルは今後約50年に渡って活用できるからであります。

アパートだって使用収益できる期間が長い新築は、ボロより価値が高いです。
それと一緒で、知識やスキルも今後どれだけ使えるかで価値が変わります。

若いうちなら短期的に損をしてでも学ぶ価値があるものもありますし、歳をとってから学ぶ必要がないものもあります。

いつか英語を話せるようになりたい!なんて考えている方は今日から勉強を始めてください!
脳も若い方が飲み込みが早いですし、使用収益できる期間が長いので後で勉強するより価値が高いですよ!


話がそれましたが、何を言いたいかと申しますと、募集している部屋がないので設備の故障か退去予告等の悪い連絡の可能性が濃厚だということですw

恐る恐る電話に出てみると、、、



入居申込でした(え?



話を聞くと、管理会社専務の紹介で建築会社が法人名義で借りたいとのことでございます。
室内はワタシも引くほど汚いですが、風呂だけ交換してくれれば自分達でリフォームしてキレイにするとのことであります(なにそれステキ

その分安い家賃の部屋を探していたそうですが、もともと相場より2割くらい安い賃料のため家賃交渉もなく満額でマネー成立です(ひゃっほーぅw



リフォームしなくて良かった!
てかリフォームする必要がなくなったのが良かった!(気が重かったわー

そんなワケでこんなお部屋にも申込が入ったよという事例を後日写真付きで紹介したいと思いますw





話かわりまして信用情報。

回答いただいた方、ありがとうございました!正解ですw
他行競合以外に考えられるケース、それは「同時決済を目論んで他行で他物件の申込をしている」です。

この同時決済ですが、金融機関には融資実行までまずバレないと思います。

普通、信用情報は審査時に一回取得したら、よほどのことがない限り(実行が半年後とか、決裁済み実行未了の段階で延滞が発生した等、信用の変動が伴う場合)融資承認後は実行まで再取得することはないからです。

銀行によっては実行前に確認するかもしれませんが、同日に融資実行された日にゃどうしようもありませんよねw


ただ、道義に反すると思いますし、リスクもありますのでワタクシは絶対しません。


リスクとはなにかと申しますと、ひとつは最悪の場合、期限の利益を喪失するかもしれないということでございます。
虚偽の申告をしたんだから全額一括で返済しろということですね。(マジで恐い

「嘘はついてないよ!」と言う方もいるかもしれませんが、与信判断に重大な影響を与えるとわかっていたうえで、あえて申告しないワケですから、子供のような言い訳は通用しません。

順調に返済していたとしても債権管理で信用情報の再照会をとることは十分に考えられますので、そこらへんは覚悟しておいた方が良いでしょう。


もうひとつ大きなリスクは今後の融資が難しくなる可能性があるということです。

同時決済した2行での融資が難しいのは当然のことですw
新たに案件を持ちこんでも、そこで信用情報を取得することになりますので、前回の同時決済がバレてしまいますからねw
新規融資どころか既存融資が危ないですw


全く別の銀行に持ち込むとどうなるかですが、取得した信用情報に「契約日・契約金額が一緒で違う金融機関の情報」がでてくれば、それが何を意味するかはすぐにわかるでしょう。銀行員もバカじゃありませんからw

これがどの程度審査に影響するかは金融機関によりますが、心証が悪くなるのは間違いありません。

もちろん、同じ銀行であれば全く問題ありません。金利の関係で土地・建物で2本に分けて実行するケースもありますしね。


長くなったのでまた次回!引っ張ってゴメンなさい!
続きが気になる方はポチお願いします!


不動産投資 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

年末の退去、いいじゃないですか。

リフォームしてすぐ繁忙期。どうせ発生するんだから、ある意味ベストな時期です。

年末の入居はヤバいケースがあるので要注意ですが。

Re: タイトルなし

おっしゃる通り、前向きな姿勢が大切ですね!

取得税の件、裏ワザ教えて頂きありがとうございました!
これだけでもブログ書いて良かったと思っておりますw

> 年末の退去、いいじゃないですか。
>
> リフォームしてすぐ繁忙期。どうせ発生するんだから、ある意味ベストな時期です。
>
> 年末の入居はヤバいケースがあるので要注意ですが。
プロフィール

レイシー

Author:レイシー
1986年生まれ。
アパート・テナント・区分・戸建を賃貸中。
リフォームから保存食作りまでなんでもやってみる専業大家です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

株式投資の名言&格言集

presented by
ウォーレン・バフェットによろしく

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。