現金派?借金派?

おはようございます。レイシーです。


不動産ブログを拝見しておりますと、「現金派」「借金レバ派」の間で熱い議論が勃発することがよくあります。
双方に利点・欠点がありますし、結局は価値観に依るところが大きいのでどちらが正しいということはないのですが、それでもワタクシの考えを表明させていただきますと、「安全重視の借金肯定派」でございます。(都合良いなw


本日はアパート経営と切っても切れない関係の「借金」について考えてみたいと思います。



以前、前職(金融機関)の先輩が株式投資を始めたと言うので、「どんな基準で銘柄を選んでるんですか?」と聞いたところ、「無借金経営!有利子負債ゼロ!これなら潰れることないだろ!?」と言ってました。

ワタクシの感覚からすると、無借金経営=
① 有利な条件で資金調達できない。
② 調達金利を上回る運用方法、投資先がない。

のどちらかであります。

このような会社は確かに即死(デフォルト)はありませんが、業態として先細りが懸念され、更なる業容拡大が見込めない魅力のない会社と感じます。だって経営資源(信用を含む)をフル活用して株主のために利益の最大化を図るのが株式会社ですからね!
上記①②のどちらにも該当しないのであればガンガン借金して本業で収益をあげまくるのが正しい経営です。本業が儲からない場合と、利益より調達コストの方が高い場合は借金しないのが正解です。当たり前の話です。


これを不動産投資に置き換えて考えてみますと、

① 有利な条件で資金調達できない。
利回り20%の物件があったとしても、金利20%以上でしか融資を引けない場合ですね。仮に金利10%だとしても、自分でコントローロできないリスク(金利変動リスク、自殺他殺のリスク等)や面倒な仕事をしてまで投資しようと思えないのでワタクシはパスします。少々極端な例となりましたが、ノンバンクで借りている人は注意が必要です。属性が悪くてローン組めない人もコレです。

② 調達金利を上回る運用方法、投資先がない
2%で資金調達可能だけど、資産運用といえば預金か国債しか運用方法を知らない人とかが当てはまります。賢明な読者の皆様には該当しないでしょう。

上記のいずれかに該当する方が借金をしないのは正しい判断ですし、私も納得します。

しかし、上記に該当せず、まだ自分が目指す事業規模に到達していない方がガンガン借金して拡大していくことはとても合理的な判断だと思います。




ただし





我々、個人(プライベートカンパニー含む)と株式会社には違う点がいくつかあります。

ひとつめは事業の目的(ミッション)ですね。

先ほど書いたように会社は「ゴーイングコンサーンを前提とし、株主のために、利益を最大化することを目的」に企業活動を行っています。

それに対し、我々は「寿命という終着点を見据えた中で、自分や家族のために、幸福を最大化することを目的」として投資活動を行っているわけです。

大切なのは幸福であります!


幸福を連呼していると段々宗教じみてくるのですが、幸福になるための目的をさらに具体的に見ていきますと、「将来の年金不安」であったり、「リタイア生活」であったり人それぞれですね。

所得が上がっても800万円以上は税率が一律の法人税と違い、個人の場合累進課税で稼ぐほど所得税率が上がっていく訳ですから、「テッペン目指して無限に増やすつもりの人」(法人作ってやってねw)を除いて、自分のスイートスポットまで借金で規模を拡大したらあとは少しずつ繰上返済していくのも良いでしょう。
自分のスイートスポットはこの本を参考に探すと良いです。




幸福は人それぞれで、それを得るためには無限に利益を追求する必要がないということです。



あと株式会社には法人という「人格」が与えられていますが、「性格」(ハートですw)は与えられておりません。一方人間には感情がございまして、これが時に合理的な判断の邪魔をするんですね。(FXで損切りできないとかw)
「頭ではわかっていてもどーしても借金は不安!」とか「嫁が恐がって許可が出ない」とかでございます。そもそも皆様個々の目的は違えど、最終的には「幸せ」のために不動産投資をしている訳ですから、毎日不安や喧嘩が絶えない生活では本末転倒であります。

このような方々には無理に借金することをおすすめしません。
腰をすえてじっくり投資と向き合って下さい。

しかし、逆の言い方をしますと「借金に対する心理的抵抗がなく、融資が引けて、今後事業規模を拡大していく予定の人」の借金は大いに賛成であります。

勿論、借金できればなんでも良いという訳ではなく、安全経営にはテクニックが必要ですよw初心者のRCオーバーローンとか推奨している訳じゃありませんw

長くなったので次回はこれを踏まえた、ワタクシが考える理想の資産形成方法について書きたいと思います!



最後に、以前ブログにクイズを出題したところ3名の方からコメントをいただいただけでなく、普段よりPVが3倍ほど増加いたしましたw
今回も記事とは関係ありませんが、クイズを出題したいと思います。わかった方はコメント欄にドシドシ解答いただければと思います

問題
2つの定期預金A、Bがあります。Aは年利1%の定期預金、Bは満期日にサイコロ振って出目に応じて利率が変わる定期預金です。(利率は偶数が出たら2%、奇数が出たら0%)
この2つの定期預金を比較して、
① 受取利息の期待値が高いのはどちらでしょう?
② 金融商品として優れているのはどちらでしょう?

理由もつけていただけるとありがたいです。
ささやかですが解答いただいた方のブログにはポチしにいきますw


わかった人もわからない人も応援お願いします!

不動産投資 ブログランキングへ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

う○ちネタが好きなブログから飛んできたんで、ポチっていきますよ♪と。

はじめまして!

狼さんのブログから飛んできたんですのw

読みやすく引き込まれやすい文体(フン様と101先生を足して2を掛けたような)で内容も共感できる所が多く、面白いんで初投稿分から一気に読んじゃいましたw
こういったクイズとかも結構好きです(^o^)
で、解答ですが、一年しか預金しない場合には、両者に差はないように思います。でも、利息を元金に組み入れて一年複利とかで長期間回す場合には、微々たる差ではありますがBの方が期待値は上回りますね!(複利の効果w)
ただ優れた金融商品って話になると…Bは満期日のサイコロによって受け取り額が全然ちがう(特に長期になればなるほど)ので、その後の資金計画が立てられない。「そういうスリルがたまらない!」みたいな所に付加価値を感じる人なら話は別ですが(;^_^A
なので商品としてはAが正解。でもどっちにしろ1%や2%じゃ…(以下自粛)

今後もブログ楽しみにしています!頑張ってください! あっ、私はコメント専門でブログはやってませんのでポチは結構です

回答

期待値はBの方が高いですが、金融商品としてはAと考えます。
Bは0%引くと機会損失です。

Re: タイトルなし

応援ありがとうございます!

今後ともよろしくお願いいたします!


> う○ちネタが好きなブログから飛んできたんで、ポチっていきますよ♪と。

Re: はじめまして!

偉大な先輩ブロガーを足して2を掛けて
いただいてありがとうございます!

クイズは大正解ですね!解説も書いたので読んでみてください。

今後ともよろしくお願いいたします!




> 狼さんのブログから飛んできたんですのw
>
> 読みやすく引き込まれやすい文体(フン様と101先生を足して2を掛けたような)で内容も共感できる所が多く、面白いんで初投稿分から一気に読んじゃいましたw
> こういったクイズとかも結構好きです(^o^)
> で、解答ですが、一年しか預金しない場合には、両者に差はないように思います。でも、利息を元金に組み入れて一年複利とかで長期間回す場合には、微々たる差ではありますがBの方が期待値は上回りますね!(複利の効果w)
> ただ優れた金融商品って話になると…Bは満期日のサイコロによって受け取り額が全然ちがう(特に長期になればなるほど)ので、その後の資金計画が立てられない。「そういうスリルがたまらない!」みたいな所に付加価値を感じる人なら話は別ですが(;^_^A
> なので商品としてはAが正解。でもどっちにしろ1%や2%じゃ…(以下自粛)
>
> 今後もブログ楽しみにしています!頑張ってください! あっ、私はコメント専門でブログはやってませんのでポチは結構です

Re: 回答

回答いただきありがとうございます!

ワタクシなりの答えも更新したので確認してみてください!

ブログも更新楽しみにしております。今後ともよろしくお願いいたします!


> 期待値はBの方が高いですが、金融商品としてはAと考えます。
> Bは0%引くと機会損失です。
プロフィール

レイシー

Author:レイシー
1986年生まれ。
アパート・テナント・区分・戸建を賃貸中。
リフォームから保存食作りまでなんでもやってみる専業大家です。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

株式投資の名言&格言集

presented by
ウォーレン・バフェットによろしく

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: